忍者ブログ
定年退職して何をする
定年退職して、再任用ではなく、講師にした場合、年収は再任用より上になる。しかし、講師という身分はご存知のとおり不安定だ。

退職して、教育の世界に戻らなかった場合、何をしているのか。

家で好きなことをしている。ゴルフ三昧。家業を継ぐ。親の介護などだ。

一般企業に行った人は今まで聞いたことが無い。
(定年までにやめて企業に行った人はいくらかいる)



公教育に従事しなくても、私学に行く場合もあり、とりあえず教育に身をゆだねている人がほとんどだ。

なぜか、それは下のあるブログ記事を見ればわかる。


                   emoji

私は、教師として35年務めた末に定年退職して、しばらくは仕事にも就かず家でのんびりとしていました。

ですがそのうちに生活の厳しさもありそろそろ働こうという気持ちになってきました。

学校職場の辛さや過酷さに辟易としていた私は、学校の嘱託職員など、そんな職場を避けるために、まずハローワークを訪れました。

「学校程ブラックな職場もないだろう。それよりもっと楽でそれなりの収入も得られるような仕事が見つかるだろう。」

と期待してのことでした。


ところが、実際には期待したような仕事が何も見つかりません。

地方の田舎県だからでしょうか? 

いやいや、そうでもない感じもします。

第一に「求人」自体がとても少ないのです。

年齢的な条件面で既にはねられている。

それが過酷な現実でした。

求人票には定年が60歳との規定ばかりがならんでいるのです。emoji

どうやら、企業は押しなべて私よりは若くて、しかも女性を募集しているような気配がプンプン感じられる始末です。


WordやExcelは出来ても、簿記の経験のない人は事務職の対象外とされている。また事務職以外では、それぞれの業務に関わる何がしかの資格保有者を求めている。

そもそも正社員として定年退職者を取りたいなんて奇特な企業がない、それなら嘱託や非正規でそこそこの条件の仕事があるのか? 

しかしそれもない、等々です。

定年退職者は、世の中的には全く無用のお呼びでない年寄り扱いなのです。


以上が現実だ。

まあ、コンビニのバイトぐらいはあるかもしれない。本当に自分の思う職業に就くのは難しい。

結論として、自分で独立することが一番だ。
退職金をうまく利用して、賃貸経営をする。これが一番かもしれない。

しかし、教員は世間知らず。業界の罠には、気を付けてほしい。

私も何度もはまっている。







 
 
 
 

PR

2019/04/06 22:08 | Comments(0) | 退職教員の涙

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<教員採用 令和の戦いはすでに始まっている | HOME | 明日から4月>>
忍者ブログ[PR]