忍者ブログ
教育にも大きく関係ある同和問題の真実

奈良県元職員は同和地区出身であった。 そして5年間で8日の出席という常識では到底考えられないことをしていた。 これはいったいなぜできるのか。

同和問題は教育にも大きく関係する。

一時が万事である。

今後この問題を取り上げて私の振り返りとしたい。

 


元職員は実質的に土木建築業を営んでいる。今年8月、市が10月から舗装や造園など3業種に、郵便入札制度を導入することを市議会に報告した数日後、担当課に「知らされていない。なんでおれらのような個人業者にまで、制度を広げるんや」などと強く抗議した。さらに、「部落解放同盟奈良市支部協議会」と市との「交渉の場でも話す」と迫ったという。

PR

2006/11/08 13:31 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<同和教育と教師の人権その1 | HOME | 鬼か仏かどっちがいい。不動明王がいいけどなぁ。>>
忍者ブログ[PR]