忍者ブログ
北九州 校長 いじめ報告問題で自殺か

いじめ報告問題で自殺か=小学校長の遺体発見-北九州

校長がまた自殺した。

なんどもいうようだが学校だけをたたいても解決の道からはほど遠い。

いじめに過敏な反応を示し責任追求だけのマスコミ

                        .

報道は自殺者を出すだけではないのか。

疲弊している学校にこれ以上強力な爆弾を投下して喚起を促し、さらに教師に責任を負わすのはあまりにも加重だとおもうがどうだろう。

この問題いじめは学校の問題だが教師が頑張れば全て解決すると思っているのか。

教育委員会も例えば「このような事態になったのも私どもの責任にある。カントク不行き届きだった。早急に学校とともに最善の道へ解決を図りたい。」…このような温かい言葉がでないのか冷たいぞ。

委員会にも数年前共に苦労してきた元同僚仲間がいるだろう。容赦なく世間体でものを言うのでなく、役所的責任逃れの態度を示すのではなく血の通った仲間としての言葉を発信して欲しい。

                         

校長に全て責任を投げて孤独にさせるな。

それは見ていて悲しいぞ、教育委員会の仲間たちよ。

共に逃げず、一緒に立ち向かって解決を図ろう。頼むぞ。


PR

2006/11/12 20:49 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<体罰はいけない!しかし… | HOME | 教師が生徒を「YES}係、奴隷扱い?>>
忍者ブログ[PR]