忍者ブログ
全員聖人君子じゃないと思うんだけど…

 生徒が教師を殴った。生徒が万引きをした。常々生徒の態度が悪い。掃除をしない。よく聞け!こんな生徒の高校入試は内申書で落ちるぞ!
 

   …といいたいところだが、本当だと思いますかこの言葉?
 

  本当じゃないよ。実際、私は鑑別所に行った生徒の内申書にはそんなことは書かなかったし、とにかく生徒の不利になることは書けないのが中学校の先生です。書くと管理職からおとがめがくるんです。

 「内申書開示にでもなったらどうする!」とでもいいたげな管理職。でも、生徒の悪いことを文章にすることはしない…これはもう全教師の中で一般化していますので、だれにいわれなくとも生徒の不利になることは今は一切書きません、だって自分が不利に成る。 

  だったらどうやって生徒の本当の姿が分かるんでしょうか。

  高校の先生がおっしゃってました「各中学校から送られてくる内申書を見るとどの子も聖人君子に見えてくる」と。おお、すごいぼやき。

 
 内申書、書くのすごく大変なんだけど!  高校の先生方はほとんど信用してくださらないだろうな…と思いつつも結局根詰めて書いてしまう3年担当教師たち。
 

  当然、うそは書かない、でも本当の姿は見えない。だから、なに?
 

  もはや形だけの書類ですね。

 大むかし、この形だけの書類に反発して、人物評価にほとんど何も書かなかった教師がいた。今は無理だろうな


 

PR

2006/10/16 13:11 | Comments(0) | TrackBack(0) | 内申書の真実

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<実態 徒労 むなしさ | HOME | 格差の後始末>>
忍者ブログ[PR]