忍者ブログ
定年退職後 生きていけないという 退職教員たちの嘆き
再雇用、つまり再任用教員などの給与は低く、フルで働くと現役時代の半分ちょい。

ボーナスの率は現役たちに比べて半分。

それでも、頑張って担任をしている再任用の方もいらっしゃる。

さらに週4日勤務の方は職種はいろいろあるが、激減する。手取りで月14万ぐらいだろう。しかも、ボーナスはないところが多い。

しかし、給与が低ければ、年金がもらえる年齢になれば所得が増えるのでそんなものかと思ってしまう。つまり、働きすぎて給与が多ければ年金はもらえないのだ。残念な仕組み!!
 
年金が出るまでのつなぎ感覚で職場にいる人もいるわけだ。そう考えると大きな口をたたけなくなるのが再任用教諭たちだ。

                   emoji


現役と同じ、

いやそれ以上の働きをしている再任用教諭もいるemoji


この人だったら同じ給与を出すべきだ。

「同一労働同一賃金の考えはどこへ行ったのか」と声高に叫ぶことができる。

とはいうものの、全体的に初めに記したように、悲しいかな再任用教諭の評価は低い。「仕事をしない」これが一般的な評価として定着してきた。

私は65までフルで働かねば生きていけないからがんばる!副業もしながら、夢を追いかけながら。


PR

2018/06/06 21:43 | Comments(1) | 退職教員の涙

コメント

まあ、公務員年給がガッポリだから、多少はね。
posted by nonameat 2018/11/30 21:20 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<在職中にやるべきことは賃貸業 | HOME | 非正規雇用の講師たちの本音>>
忍者ブログ[PR]