忍者ブログ
老後
厚生労働省が発表した資料によると

独身の年金受給月額平均は

 サラリーマン・公務員なら148,409円
       自営業者なら  54,622円 

夫婦とも公務員ならば夫婦で30万程になる。


年金は、60歳で定年退職してもすぐに支給されない。

特に、男で昭和36年4月2日以降生まれ、女で昭和41年4月2日以降生まれの方は、65歳までまったくもらえないのだ。
だから、60歳からの5年間は貯蓄を食いつぶすか、とにかく働くかになる。

一人月15万足らずの年金で老後がやっていけるか本当に心配だ。修行僧のような質素な生活を過ごすしかなくなる。


前置きはさておき、こんなことを考えていると、退職された諸先輩方はどう過ごされておられるのか気になるところだ。

夏休みになるといろいろな出会いがあり、大学の先輩や元勤務校で一緒に汗を流した先輩たちからこの手の情報が入ってくる。

平均寿命が延びてきた現在、老後をどう生きるのか、10年先30年先を真剣に考えないといけない時代になった。
PR

2018/08/02 20:47 | Comments(0) | 老い

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<教員採用試験に合格して教諭になろう | HOME | 60歳以上の京都の講師たち 大阪との大差に 悲痛な叫び >>
忍者ブログ[PR]