忍者ブログ
講師率が多い特別支援教育
最近、経費削減のために非常勤や常勤の講師を採用する公立学校が増えている実態があることはテレビやその他の報道でも周知の事実である。

私学でも同様であると思う。ある私学教員募集サイトを覗いてみると全国から募集があるが教諭つまり専任教員募集を探すのに非常に苦労する。ほとんどが講師だ。

公立学校の実態をある調査から見てみると、講師率が20パーセントを超える職種があるのを知った。大阪市の特別支援学級担当だ。
また、大阪市では特別支援学校の講師率も多い。ある部では教員23名中8名が講師である。この実態を知ったら保護者はどう思うであろうか。

専門的な配慮が必要な職種である特別支援になぜ講師を多用するのか。
それは、財政上の問題以外に特別支援を必要とする生徒数が増加しているのにも関係している。

京都府でも講師が30人いる特別支援学校がある。知り合いの管理職に聞くと来年度は20人に減るそうだが、多い。

ちなみに2009年度の大阪府の特別支援学校の講師は379人
であった。大阪市は204人であった。
PR

2009/12/19 09:27 | Comments(0) | TrackBack(0) | 特別支援学校に関する考察

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<有名大学の就職試験内容報告書とは? | HOME | 生きた習熟度別授業への壁>>
忍者ブログ[PR]