忍者ブログ
自殺の連鎖があるならきっと命の輝きの連鎖もあるはず

 だから言ったことじゃないのよ。

マスコミの過激報道によるいじめ自殺の連鎖は予想通りだ。

新聞をみるとなぜこのような自殺とか暗いニュースが記事を覆っているのか?小中高生は一般社会人がかんがえるよりはるかに危険な状態なのは教師は分かっている。

しかし、記者に聞きたい。あなたの家の2階から見える風景は汚いゴミや排ガスやビルのコンクリートなど殺風景しか目に入らないのか?

道端に咲いている綺麗な小さな花たちは見えないのか。

スポーツに打ち込んでいる中学生もいるし、人生を真正面から見据え「将来人のために尽くしたい」と考え学問に励んでいる高校生たちもいる。

生活の苦しい中で働きながら懸命にがんばっている大学生もいる。

言うにいえない事情を抱えながらも歯を食いしばって学校に行く小学生もいるだろう。

 

なぜその美しい花の輝きをもっと報道しない。

            

いじめはだめ、死ぬな…から次に子供たちの輝きの連

鎖を報道してほしい。

PR

2006/11/24 21:07 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<希望と現実 | HOME | 同和教育と教師の人権その2>>
忍者ブログ[PR]