忍者ブログ
無題

    
 とりたてて 書くことは何もない。
ただ連休中だということだ。
教員採用試験の受験申込の季節がやってきた。

 横浜市がおもしろい。年齢制限は下記の通り昭和25年4月2日以降に生まれた人である。

 

3 受験資格

 次の(1)から(4)の要件を満たす人が、受験できます。
(1)昭和25年4月2日以降に生まれた人
(2)受験区分ごとに以下の免許状を有する人又は平成22年3月31日までに取得見込みの人

受験区分 免許状
小学校 小学校教諭普通免許状
中学校 受験区分の教科の中学校教諭普通免許状
(高等学校を希望する場合においても中学校教諭普通免許状が必要です。)
特別支援学校

次のア、イの免許状の両方

ア 特別支援学校教諭普通免許状

盲学校、聾学校、養護学校教諭普通免許状を有する人は、特別支援学校教諭普通免許状を授与されたものとみなします。

イ 小学校教諭普通免許状又は中学校教諭普通免許状

養護教諭 養護教諭普通免許状

(3)地方公務員法第16条及び学校教育法第9条の欠格事項に該当しない人

(4)横浜市公立学校の正規の教諭及び任用期限を付さない常勤講師でない人


 また、特別選考がいくつかある、その中でも教職者(私学も可)の枠がある。


 

(3)特別選考Ⅱ(教職経験者特別選考)

 ア 対象者

 受験資格を満たし、受験区分に該当する国及び地方公共団体が設置する学校における正規教員又は臨時的任用職員私立学校における正規教員の教職歴が、平成11年4月1日から平成21年3月31日までの間に通算2年以上(休職等により勤務しなかった期間は含みません。)の人で必要とする職歴証明書を期限までに提出できる人

(ア)小学校応募者は、小学校における教職歴が2年以上必要です。

(イ)中学校応募者は、中学校における教職歴が2年以上必要ですが、高等学校における教職歴を中学校の教職歴とみなし通算できます。

(ウ) 特別支援学校の応募者は、特別支援学校(盲学校、ろう学校、養護学校を含む)における教職歴が通算して2年以上必要です。

(エ) 養護教諭応募者は、校種に関係なく養護教諭としての教職歴が2年以上必要です。

(オ)非常勤講師の勤務歴は、特別選考Ⅱの受験資格となりません。

 イ 提出書類

 第二次試験の個人面接試験日職歴証明書の提出が必要になります。

 ウ 選考方法

 8-(1)-エ-(ウ)参照

まあ最近、都道府県及び政令都市によってかなり差が出てきたと思える。


 

PR

2009/05/03 13:09 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<教師生活始って以来の5連休完全休養 | HOME | 特別支援学校教員から聞く話>>
忍者ブログ[PR]