忍者ブログ
教員 タイムカード制導入

ある特別支援学校の中堅教員の2人が話をしていたのを聞いた。「毎月2回は学校に行っている。」休日出勤が困ったものだと言いたそうな会話内容だった。

「はあ?!?}それがどうした、と心の中で思ってしまった。


ある都市では勤務管理をタイムカード制にすることを試みるらしい。ある面賛成だ。

そして、教員調整手当を止め、管理職は別にして残業手当を出すべきだ。

もちろん、公立学校教員すべて同じ給与にしてだ。今は特別支援と高校は上乗せされ、高いのだ。

中学校で頑張っている教員達はかなり厳しい労働条件にあるのは明白。給料を特別支援学校の2倍払ってもまだ足りないくらいだ。

なぜ、勤務条件に差があるのに給与にそれ相当の差がないのか。

もし、タイムカード制を導入するなら、学校別に平均勤務時間状況を公表してほしい。

PR

2009/09/19 11:16 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<講師と教諭  | HOME | 校種間による不平等な給与実態とは>>
忍者ブログ[PR]