忍者ブログ
教員採用 私が面接官なら
教員採用試験は2次試験の合格発表がそろそろ終わる頃だ。

残念な結果に悔しさを持った人もいるだろう。

採用試験でよく集団討論がある。それだけでなにが分かるのだろうと思うことがある。

もし、私が面接官ならばどのように評価するかを考えた。

      高い評価=現場で通用する精神を持つこと。 
 
次の2点を持つ人に高い評価をしたい
★ 聞く耳を持つ人
★使命感を持った人

・しゃべることを仕事にしている教員は信頼されない。しっかりと気持ちを受け止められるかが信頼の大きな分かれ道になるからだ。

 
・教員という仕事を愛してどこまでもやる気で頑張る姿勢のあるファイターを高く評価したい。使命感がある人は、初めはどんなにできなくても必ず伸びてくるので高い評価をして採用したい。
PR

2016/10/16 19:01 | Comments(0) | 教員採用試験の不思議

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<教師の性犯罪 | HOME | 教員の休憩時間>>
忍者ブログ[PR]