忍者ブログ
最近の教員採用試験に思う
私が教員採用試験を受験したころは、教職教養、一般教養、専門教養の3点セットが当たり前だった。
今は昔と変わり、一般教養の試験がないところがある。また一般教養が出題
されていても配点が極端に少ないところもある。

 
実際に大阪や広島などは一般教養がない。大分などはあってもとても配点が低い。
また、教職教養と専門教養の配点比率は1:2程度のところが多い。

さて、一般教養試験がないということは、自分が教える専門教科と教職教養だけを頑張れば、教員になるチャンスがあるということだ。

 
   
大学4年間みっちり採用試験に向けて対策を行えば、底辺と呼ばれる大学からも十分に採用試験に合格できる。

あとは、出来る限り人間を磨くことだ。ボランティア、バイト、サークル、何でもよいから人間関係を磨ける場所に自分を置くことだ。それが面接やグループワークの具体的な対策となるからだ。
PR

2015/11/21 22:17 | Comments(0) | 教員採用試験の不思議

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<教員の質をたかめるのはなにか | HOME | 老いを考える>>
忍者ブログ[PR]