忍者ブログ
やはり理系は得なのか、損なのか。
理系出身で公立学校の管理職になっているのは少ないように思う。これはあくまでも憶測だ。
 
それはさておき、すでに22年度東京都公立学校教員採用試験の結果が出た。

そこで目を引くのが特別支援学校教員の倍率だ。

数学1,3倍
理科1,3倍
 
これは一般校の数学の4,0倍に比べてはるかに低い。 多分日本中探しても理数でこの低さは断トツだろう。

後は考えられるとしたら大阪市の特別支援の理数かなと思われる。

また、技術は1,0倍だからさらにすごい。答案用紙を出したもの全員合格なのだ。

一方、社会はなんと24,1倍。理科系科目を遥か彼方に凌ぐ高倍率なのだ。

さて、これからこれらを論じていきたいところだが、やはり時間がない。またの機会にしたい。
PR

2009/11/30 22:32 | Comments(0) | TrackBack(0) | 教員採用試験の不思議

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<特別支援教育はそれほど特別か? | HOME | 高校入試における内申書の評価の不平等性>>
忍者ブログ[PR]