忍者ブログ
いよいよ教員採用試験2次の発表

しかし、堺市は今年度から独自採用を始めたが、大阪府より集まったみたいだった。
講師枠や、社会人枠は一般より採用が厳しい状況と聞く。(ソース2ちゃん)

それはなぜなんだろう。
確かにこのブログのコメントにもあったが、ある県では実質倍率が同一教科で1次試験からみると倍率20倍。一般枠が2倍から3倍、のようだと社会人が受験する意欲が失せる。

しかも社会人を採用する意図が見えてこない。


社会人でも、かなり実績のある社会人を採るのか、それとも面接や模擬授業で失敗者が多いのか、いずれにしても確かにこの倍率では来年、社会人枠は敬遠される。


 

PR

2009/10/05 04:18 | Comments(0) | TrackBack(0) | 教員採用試験の不思議

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<秋風に吹かれて思う | HOME | 地獄の学校経験をすると、威張りたくなる自分がいる>>
忍者ブログ[PR]