忍者ブログ
超ブラック公立高校 の教師の話
超ブラックな公立高校の教員が通りますよっと。

朝は8時15分出勤だけど、みんな7時半には出勤して校門や玄関あたりで立ち番やってる。

朝補習は7時半からやってるし、部活だって運動部で強いトコは19時半ごろまでやる。

教材研究や書類仕事はその後になるから、21時~22時に帰るヤツばっかだぜ。
オレなんて全国大会を目指してるテニス部の顧問なんだが、去年テニスを始めたばかりなのにそんなトコに廻されて・・・。
生徒の方が上手いのに「経験者だから指導してね」っちうのは、ホントにどうかと思うわ。

長期休暇は教師も休みだと思ってるヤツが大半だが、勘違いすんなよ?
普通に仕事しとるっちうねん。
特別休暇(夏期休暇)なんざ去年か一昨年ぐらいから5日もらえるようになったけど、それまでは3日だったんだからな。
年末年始だって、部活で元日以外ぜんぶツブされたりするんだぜ?

今勤めてるトコは新設校だからまだイロイロ固まってなくて、やるコトは山ほどあるわ。
4月から5月の半ばぐらいまでは、昼メシっちうモンを喰う時間すらないぐらいだったなぁ。

進路指導部ってトコにいるんだが、放課後は次から次から生徒が来て、いろんな相談するんだ。

将来に悩みを抱えてるヤツもいるし、そういう子らのカウンセラーみたいなコトもするから、少しでも自分の見聞を広めておかないと大変だわ。
ポッと出で民間企業の経験がない若いセンセなんかは、一体ナニを教えられるんだって感じだよ。

勉強だけじゃなくて、いろんなコトを教えられないとダメだもんな。


PR

2011/06/24 22:46 | Comments(0) | TrackBack(0) | 教員の質

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<公教育の枠をとりはらった策 | HOME | 無題>>
忍者ブログ[PR]