忍者ブログ
生徒と向き合う
 「誰のために勉強しているんだ、いい加減にしろ」と、私の声が教室に響いた。以前、私の学級のほとんどの教科が授業中に騒がしくなった時があった。私はあせり、生徒に声を荒げた。しかし、やがて日を追うごとに、私への反発の空気が漂い始めた。そして、毎日遅くまで、授業準備や生徒指導で頑張っているのに、なぜ生徒たちは分かってくれないのか、と生徒たちに怒りがまた込み上げてきた。

 だが、学級がそうなる原因は自分にあった事が分かってきた。 苦悩の中、先輩教師に相談した。「君は生徒たちと向き合っていないのと違うか」と言われた。最初は、先輩の言葉に反発を感じた。これほど生徒の事を思っている教師はいないと。しかし、アドバイスは的を射ていた。

 自らを省みた。学級が騒がしくなると、力量不足と見られるかもしれないと怖れ、生徒を怒っていた。つまり、私の怒りは、周りの評価を気にし、担任としての立場を守るための怒りだった。まさしく、生徒に向き合うのではなく、周りの教師や保護者の目と向き合っていた。

 生徒は私の言動の奥にある心の中を見透かしていた。それ以来、「なぜ、何のために私はそれをしたいのか」を自らに問い返すことを日課とした。今後も同様に、周りの目と向き合うのではなく、生徒たちと向き合う。  
 
PR

2010/03/10 23:30 | Comments(0) | TrackBack(0) | 教員の質

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<なぜ高校生は、理系に行かないか | HOME | 有名塾の受験の教科指導を盗め>>
忍者ブログ[PR]