忍者ブログ
なぜ高校生は、理系に行かないか
今春卒業予定の大学生の就職内定率(2月1日時点)は80.0%で、前年同期を6.3ポイント下回り、比較可能な2000年以降で最悪となった。高校生(1月末時点)も81.1%と6.4ポイント低下し、1988年以降で6番目に低い水準。ともに悪化は2年連続で、下げ幅は大学生が2番目、高校生が過去最大だった。

 
 前年比の低下幅は2カ月前の前回調査(大学生が7.4ポイント、高校生が9.9ポイント)に比べ縮小したが、卒業を目前に控えた段階で5人に1人が就職先を決められない厳しい状況が示された。

 
 大学生の内定率は、文系が78.7%で前年同期比7.3ポイントも低下。一方、不況に強いとされる理系は86.2%で、落ち込みは1.9ポイントにとどまった。学校種別では、国公立大が3.3ポイント低下の86.9%だったのに対し、私立大は7.5ポイント低下の77.6%と大きな開きが出ている。

 
 地域別に見ると、最高は関東地区の82.6%(6.0ポイント低下)で、最低は九州地区の75.2%(8.1ポイント低下)。低下幅が大きいのは中部地区で、10.7ポイント低下の77.3%だった。 


以上、共同新聞からの抜粋だ。

私立文系は不況に弱く,理系は強い。しかし、高校生の選択は文系に集中する。それは数学が難しいからだ。最近新聞に載っている、国立大学2次の入試を見れば、理系希望から撤退したくなる気持ちは分かる。しかし、数学は難しいが、極めておもしろい教科だ。それを嫌いにさせる原因は、我々教師側にある。

数学の授業は授業時間が限られている加減で、生徒をとにかくだまして結論へと持っていこうとする。要するに、「こうなるんだ」の連発だ。  

東京大学名誉教授の畑村洋太郎先生が書いた「直感でわかる数学」は、数学が嫌いになる理由を見事に言い当てている。自分の高校時代の気持ちを代弁してくれていて、すっきりする。

例えば、高校の教科書にある「原始関数」についての説明を、「うまく誘導し、積分を教える準備が出来たつもりになっているのであろうが、教わるほうからみれば、まったく逆である。なにか、まんまとハメられたような疑念がわき、意味不明の概念を丸飲みさせられる気色悪さを感じる。」と批評する。「その通り」と思わず叫びたくなった。

さらに、教師側にとって、次のくだりは図星だ。「教師は、AならB、BならC、CならD、というように一直線な教え方をする。しかし、本当はAならばBとはいかず、B´かもしれない、Pかも、Kかもしれないと考えるのが普通だ。実は裏でこっそりD-C-B-Aと逆に組み立てて論理のつながりが確認できたところでひっくり返している。」と明かす。静かにうなづかざるを得なかった。

ある卒業生に、就職を考えて、高校では理系に進めと言った。しかし、なんとその学校の教育課程に、数Ⅲ、数Cがなかった。数学は高校にも敬遠されている悲しい存在だ。

そこで、中学校の数学の授業時間数を増やす策を講じたい。新指導要領では、中学1、3年は週4だが、中学2年は週3になている。中学1年で基礎をたたきこみ、いざ、中学2年で盛り上げていこうとする矢先の1時間減は、数学への興味を減速させる。是非、他の教科を減じても数学を4.4.4にしたい。(他の教科とは総合だ。中途半端な教科はは生徒に中途半端な時間帯をもたらす。あるいは、学校選択で数学を選択する)

授業数を確保することにより、「こうなるんだ」の連発から、「こうだから、そうなっていくよ」へと移行できる。生徒の数学への興味が、減速から等速または加速へと転じ、理系撤退者が減る。







 

PR

2010/03/13 09:15 | Comments(5) | TrackBack(1) | 授業

トラックバック

トラックバックURL:
なぜ高校生は、理系に行かないか(公立学校の真実) 数学の授業時間が足りず,それゆえに原理の理解をすっ飛ばして数学という学問の本質的なおもしろさに触れられないまま,問題演習をさせられる。ゆえに数学には気味の悪さがつきまとい,理系離れが深刻化している,という....
nix in desertis| 2010/04/28 12:05

コメント

理系の学生が増えないのは理解できないからとかじゃなくて入試が大変だからだって気がする・・・
理系の入試はほぼ全教科必要だし、理系の科目は難しい 
それでもって理系の大学って少ないんだよね・・
しかもマイナスなイメージとして女子学生の少なさ、オタクっぽさとかある

posted by KYat 2010/03/15 02:16 [ コメントを修正する ]
内定率に関しては、普通に、かつ真摯に活動してる子は例年通り内定取れてる。

例年なら3年遊んでた子や要領の悪い子でも、頭数揃えで内定もらえてたが、それがダメになっただけかと。

こうやって、大本営発表の数字のある一面だけを取って、思想誘導する姿勢がダメなんだと思います。

そして、時間増やすなんて、現状ムリな条件が前提ってのも、ムリがあるような…


くたばれニッキョウソ!
posted by 田中at 2010/03/15 11:29 [ コメントを修正する ]
理系が稼げないとかの理由で避けているのではなく、
大変だから避けているのか!?これは危険。
posted by peroonat 2010/03/15 16:20 [ コメントを修正する ]
理系が人気無いのは、多分、日本だと就職した後、理系が損するようにできてるからだと思います。激務だし、文系に比べると給料も少ない。さらに勉強も大変。過労死みたいな。数学が難しいから文系というわけでは無いと思います。社会制度で理系が諸外国に比べて損だからで、欧米みたいに理系が評価されるようになれば、爆発的に理系が増えると思います。
posted by VIPPERなお茶at 2010/03/15 22:00 [ コメントを修正する ]
理系なんて入る時も大変だし入ってからも実験や何やらでネガティブなイメージしかない
就職強いって言ってもどんなもんか分からんし…
それなら役に立ちそうな商学部や経済学部や法学部に行くわな
posted by kat 2010/03/16 08:41 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<授業時数の増減の影響とは | HOME | 生徒と向き合う>>
忍者ブログ[PR]