忍者ブログ
校長の心の傾向
校長は、昔のように「失敗をしてもいい、すべて俺が責任を持つ、思いっきりやれ」という発信を職員にすることは無くなった。

しかも、自分は過去、失敗の王者だったのにだ。emoji

例えば、私の知る限り、学級崩壊、体罰の表面化、進路の極秘資料を電話ボックスに置き忘れ紛失、生徒の願書出し忘れ、などの各当事者たちが堂々と管理職になっている。emoji

最近の世相は、昔と違うが、「失敗をしてもいい、すべて俺が責任を持つ、思いっきりやれ」という管理職はいなくなった。

私は主な理由は次の3点と考える。emoji

①学校へのクレームの内容が異常で複雑、解決するに
 多大のエネルギーがいる。
 
  
②学校はサウンドバック化しており、表面化すると
 メディアに巻き込まれる恐れがある。

 
③保護者のクレームを一般教員が全く動かず対応せず、
 そのまま校長室へ持ち込んでくるケース
が多くなった。


従って、管理職は、保護者からのクレームが多い教員を排除したがる。
 多少いい加減でも、自分を守ってくれる教員をよしとする傾向がある。

今まで見てきたが、1年目完全にダメ教員で2年目に干されたが、3年目に環境が変わって大きく学年に貢献していた教員がいた。その方は、私も学ばせていただくほどの教員に成長した。

必ず、一人の教員を生かす道がある。それを目指さねば、生徒たちへの「みんな違っていい」とか「みんなが大切だ」などと言う言葉は嘘になる。

PR

2020/01/18 12:36 | Comments(0) | 教員の質

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<非正規教員 | HOME | 校長は職員室にスパイを持つべきだ>>
忍者ブログ[PR]