忍者ブログ
教員のタイムカード制導入の効果

この季節、4月になると、転勤した同僚から転勤先の情報が入ってくる。また、こちらからも友達に電話して情報を交換する。

その中でも、今年から、タイムカードを導入したある県の情報が面白かった。

タイムカード導入により、今までなら数分や数十分、いや数時間ごまかしがきいていた事が、きかなくなったというのだ。だから、春休みだというのに遅刻がなくなった。そして、5時15分にならずに学校を出ることもなくなったという。

しかし、教員という特殊な仕事ゆえに、厄介なことも起きているという。

4月1日、友人は、転勤したので午前中に顔合わせがあり、午後からは何も仕事がなかった。担当学年も、担当学級も決定していないので、仕事のしようがなかったというのだ。普通なら、適当にごまかして帰宅するか、まじめに年休をとって帰る。しかし、転勤してきた14人の教師は、年休をとらずにじっと職員室で5時15分まで待ったというのだ。

理由は、年休を頻繁にとると、これから休みたいときに休めなくなるからだ。

これからは、長期休業中に年休を消化する教員が増えることだろう。今までは、一般企業のサラリーマンには悪いが、長期休業中は適当に遅く来て、早く帰っていた。しかし、昨今、タイムカード制にならずとも、管理職は適当な勤務状況を見逃さないようになってきた。私は、それが普通だと思う。

だが、これだけは押さえておきたい。学校の校種やその勤務校によってかなりオーバーワークをしている教員たちがいることだ。また、逆に、楽な勤務形態の中で働ける学校や教員たちもいる。

これをどう文科省なりが理解し、賃金体系に反映させるかだ。


 

PR

2010/04/07 22:23 | Comments(0) | TrackBack(0) | 教員の給与の不思議

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<異例中の異例と言える追加募集 | HOME | 超進学校合格にはそれなりの塾が必要だ>>
忍者ブログ[PR]