忍者ブログ
日本分析化学専門学校に行ってきました
 2年間でみっちり分析化学の専門分野を勉強する。たぶんそこらの大学生よりしっかり勉強するでしょう。入試は面接と書類選考、文系の生徒もたくさん来ている。就職はすべてと言っていいほど、学校で学んだことを生かす職、つまり研究、分析、検査である。事務系、営業はない。びっくりするのはこの専門学校から国立大学の3年生に数名編入し学ていることだ。
 
 新しく4年生のコースもできた。まだ卒業生は出ていないが、おそらく国立大の院生が排出されるだろう。
 
 副校長は自信を持って教育にあたっていたのが印象に残った。これほどの自信と愛情はたぶん今の大学には少ないかもしれない。
 やはり信頼されるに当たる学校の一つだ。
 
 今回の訪問でよくわかったのは、やはり教育はを育てるの「ひと」の熱意、情熱、知恵これ以外にないということだ。
PR

2009/07/11 22:26 | Comments(0) | TrackBack(0) | 専門学校の実態

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<教員採用試験 小論文 優秀な作品 | HOME | 夏の動静表>>
忍者ブログ[PR]