忍者ブログ
早く帰れと言われても
道徳授業の教科化で毎週必ず道徳の授業をする。

これだけでも担任はかなりの負担だが、通知表に評価を記すとなるとさらに負担がかかる。

なぜなら文章表記だからだ。


授業中の様子、授業で書いた感想文をよく調べてその子の個人内評価を記す。

担任はすごいやりがいのあるポジションだ。

しかし、最近、やたらとやることが課せられる。


働き方改革で、早く帰るように管理職から厳しく指示されても、やることが増えていっている現状では、病気になる教員を増やすだけだろう。

PR

2018/08/20 18:50 | Comments(0) | 学校変革

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<労働組合より、国が率先して私学も指導すべき。 | HOME | 高校の通級指導の試み>>
忍者ブログ[PR]