忍者ブログ
新卒教員免許2種類に 文科省検討正規は修士レベル

  部科学省は29日、大学4年間で単位を取得すれば教員免許が取れる現行制度を変革し、新卒者の免許を2種類に分け、正規教員として本格的に教壇に立つには教職大学院修了など修士課程レベルの免許取得を求める新制度の検討を始めた。

 今後10年をめどに実現にこぎ着けたい考えで、30日の中教審特別部会に提示する。

 構想によると、大卒者に与える免許は「基礎免許」とし、大学学部段階での教職課程修了を証明するという暫定的な資格にとどめる。取得者は教員にはなれるが、担任に就かず校務や授業を補助する役割とする。

 一方、正規教員につながる「一般免許」を取得できるのは、教職大学院や大学院の教育研究科修士課程を履修した人を想定。

 ただ、資格者を限定しないよう大学での基礎免許取得を大学院の入学要件とはしない方向で、教職課程を履修していない学生や、社会人も教員を目指せるようにする。制度の移行段階は、学部卒業者も正規教員として受け入れる考えだ。

 

 また、学校段階別になっている現行の免許を統一して「義務教育(小中)免許」「中等教育(中高)免許」とし、学校種を越えて教えられるようにする制度も検討する。
                      大阪女学院大学ニュースより

 これには様々な問題が残されていると思う。ここであえて論じないが、反響はある。
PR

2010/12/06 17:51 | Comments(0) | TrackBack(0) | 学校変革

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<中学校の悲惨さをあなたはどう見た | HOME |  心の刺はぬけるのか>>
忍者ブログ[PR]