忍者ブログ
定年70まで教員で働くことは可能か
今の日本の情勢から将来的に定年65歳、70歳となっていくのは自然な流れだと感じる。

40代で体力の危機がやってくる。

感じとしては「今までとは違うな、しんどいな」こんな感じだろうか。

50代で、体力が無くなったことが十分自覚でき、身体をかばうように勤務する。

60を目の前にすると、きつい職場、荒れた職場では数年出来ても、長続きしない。また、記憶力が劣っていることが自覚できる。身体のあちこちにガタが来ていて、腰、膝、睡眠などがやられる。


だから、60代で担任とかは難しい。

できる仕事が限られてくる。
中には教科を教えるのも無理という先生もいる。

70目前では、出来たとしても、時間講師や新任指導、特別支援に関わる仕事くらいしかないだろう。
PR

2020/01/21 02:47 | Comments(2) | 学校変革

コメント

横浜市教員の実態 
横浜市の教員採用試験を受けてはならない理由①

横浜市の学校は超絶ブラック企業 
超過労死レベルの労働実態とは! 
・学校によっては部活みたいに朝練を課してる学校もある!職員は週二回は7時過ぎに準備開始!若い教師に丸投げしておばさん先生はのんびり出勤! 
・法定研修以外に5年次研修あり。
・毎年全員研究授業公開。事前協議で毎回サービス残業! 
・鬼並にに学校行事を組み込みまくる学校体質! 
 例えば、 
・市と区で2度の水泳大会と夏休みの水泳指導 
・夏休みの強制的水泳指導参加 
・区の球技大会 
・朝練試合で近隣校との試合。当然休日出勤。 
・全国学力テスト以外に横浜市学力テスト、過重すぎる採点と入力作業。外部委託で児童の個人情報流出のリスクも。 
・4年生から宿泊学習! 
・5年の宿泊学習は二泊三日! 
・6年生も二泊三日! 
・冬のウインターコンサート 
全学年の練習、保護者への披露と全学年で見せ合う。
posted by 服部信男at 2020/02/09 16:18 [ コメントを修正する ]
出世欲に狂う一部の教員、教務主任、学年主任のバカが手柄を残そうとあれこれと行事を導入しては私が導入したのよ!と自慢。出世のために行事を支える他の教員たちのサービス残業を増大させては異動してはいさよなら。
posted by 服部信男at 2020/02/09 16:20 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<世の中 張り倒さな分からん子どももおるんちゃうか | HOME | 個に応じた指導と宿題の一律化>>
忍者ブログ[PR]