忍者ブログ
学校は変われる

もし、私が保護者なら、学校の実態を知ったら怒りに満ちるだろう。ただ、保護者は、真実を見ていないから、的外れな攻めを学校にしている。

学校は変われる。そのために次の2点が必要だ。

①校長のリーダーシップ発揮

②ビジョンを持った管理職の登用
     

 ①については、国民は実態を知らなさすぎる。いかに校長はリーダーシップを発揮できていないかだ。    
 理由は簡単だ。組合が強いからだ。校長も教育委員会もそれに屈しているからだ。

 もうひとつは、校長になってからは保身一本。無事退職できれば良し、安泰を目指す。責任を持って改革しよ   
 うとする気概が生まれない。

 ②はビジョンンを持った教師はたくさんいる。しかし、それを発掘出来ていない。また、志やビジョンを持った教 
 師は管理職になるより生徒と向き合う一教員を目指す人も多い。つまり、管理職に希望や夢がなくなっている
 から目指す人も名誉欲が強い人がなるという悪循環が出来ている。

                   
PR

2010/05/29 08:49 | Comments(0) | TrackBack(0) | 学校変革

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<早房長治のぶろぐより | HOME | 教員の労働と時間>>
忍者ブログ[PR]