忍者ブログ
学校にくるものの

ふっと教室をのぞくと6人が机に伏せて寝ている。4人が教科書も出さずになにもしていない。 
教室は静かだ。教師のチョークの音だけが響いている。
       …まだましか騒いで邪魔するより、と自分に言い聞かせるて通り過ぎる。

むなしい。
学校て何だろう。これでよいのか。

違いがあって当然というけれど、その言葉は言い訳に聞こえる。様々な生徒がいて当然。しかし、その様々を支えるのは教師一人。これでよいのか。もっと手厚い配慮がないと今の教育はできない。

昔、私立中学校を退学になった生徒が公立に戻ってきたことがあった。学年には退学になった生徒よりもっとひどい生徒がわんさかいた。思った。こいつが退学になるなら、公立ではクラスの5分の1は確実に退学になる。すごい学校だ。

PR

2013/10/19 00:04 | Comments(0) | 学校変革

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<中学校の授業の限界を訴える | HOME | 生徒や保護者の困と私>>
忍者ブログ[PR]