忍者ブログ
変わる部活動
スポーツ庁は、運動部活動に関するガイドラインの骨子案を公表した。


中学校では休養日は週2日以上で、平日1日以上、土日で1日以上。


1日の活動時間は平日2時間、休日3時間程度までと示した。
 

骨子は、「運動を週16 時間以上するとけがのリスクが高まる」と指摘したアメリカの臨床スポーツ医学会の提言などスポーツ医科学の研究をふまえ、
学校の休養日と活動時間を設定した。

しかし、こうした基準については異論もあり、「野球の練習を2時間で終えるのは無理」といった意見もでた。



また、高校については義務教育でないことをふまえ、指針を準用し、速やかに改革に取り組むことを期待するとしている。

 




このほか、大会数の多さが指導過激の一因と指摘されていることから、大会の統廃合を進め、学校が参加する大会数の上限を定めること。また、



夏休みなど長期休業中は部活動も長期の休養日を設けること。

スポーツクラブなどと連携し、地域のスポーツ環境整備を進めること。

科学的なトレーニングを導入し、
短期間で効果が得られる活動にすることなどが盛り込まれた。


 ガイドラインには法的な拘束力はないが、各教育委員会や学校は、骨子の内容を参考にしてそれぞれ方針を策定する。
PR

2018/04/28 08:21 | Comments(0) | 学校変革

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<大阪府 チャレンジテストを廃止する理由に怖いものを感じる | HOME | 教員免許が大学行かなくてもとれる>>
忍者ブログ[PR]