忍者ブログ
公立中学校の限界を認める
公立中学校の限界は公立中学校教員のハートの限界と言える。教師みんながやる気を持って取り組めば限界は乗り越えられる……???そう信じたいが、現状は甘くない。

毎日の授業の中で、寝ている者やノートもとらずにボーっとお客様をせざるを得ない者を前にしていると虚しさが残る。ましてや授業が分からない嫌だからと校内を徘徊している彼らを見ていると無力感を感じる。

この子たちにとって学校は益となっているのだろうか、やりたい放題わがままを助長するだけの施設になっているようで仕方がない。そうさせているのは私たちだと感じて情けなくなる。


先日、定期テストの結果を眺めて見て、改めて低得点の生徒は生徒指導上問題が多いことに気がついた。これは生徒指導上問題があるから授業に定着できないので低得点なのか、低得点だから、授業が面白くなく指導されることに走るのか、どちらなのか。どちらも事実としてある気がする。

ただ、低得点者に対する日本の施策は弱すぎるし現状を把握していない。

低得点層の生徒は、アルファベットが書けない読めない、例えばdとbの違いが分からないなどがある。また、九九が出来ない、引き算は指で行うなど、到底通常の授業にはついてゆけないのが現状だ。

彼らの毎日の授業はどうしているかだが、ノートは取ったり取らなかったりだ。ほとんど毎日寝ている生徒もいる。そして最悪は授業の邪魔をする。



そういう問題を解決するのに習熟度別授業や少人数授業がある。といっても本当に効果があるのか疑問だ。実際、習熟度や少人数授業で失敗している学校が多いのも事実だ。

家庭環境が良い層が集まる学校はどのような策も出来る。そうでない学校は理論上素晴らしいと思える策もやってみれば逆に荒れにつながってキズ後を残している。そういうところは一番無難なT・Tを実施している。


また、40人いればLD,ADHDなどを疑う生徒が2,3人はいる。このことも学校教育の困難性を増加させている。

教師がやる気をだせばなんでも解決できるという妄想は横に置きたい。新たな考え方で新たなシステムが必要だ。

それは底辺層を援助する仕組みだ。私はそれをやりたい。













PR

2012/06/16 19:07 | Comments(1) | 学校変革

コメント

先般、初めてコメントさして頂いた応援団です。

土日の部活動が、先生方のリフレッシュタイムを奪っているように思えます。娘も土日の部活動でまるで休みがない中、必死に鞭打っています。社会人コーチの鶴の一声で父兄からの要請とか!
想像以上にタフな職業ですね!

posted by 教職員応援団at 2012/06/18 22:20 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<親の指導が必要、しかし 親の指導…だれがするのか | HOME | 生徒指導と授業>>
忍者ブログ[PR]