忍者ブログ
教員の転勤希望と校長の度量
転勤の噂の季節だ。

そろそろ転勤する教員が分かってくる。大阪市では新任4年目、転任してきて7年目の教員は、転勤対象になるらしい。

最近、大量採用で新任から4,5年経つ教員が多くなり、同時期に出ていく教員も多くなってきたという。

しかし、それが次年度の校内人事の足かせとなっている。転勤対象教員が多いと、次年度の的確な人事配置がうまく出来ないからだ。

だから校長は、なんとか必要な人を引きとめなければならない。転勤希望を出させないようにするということだ。それには積極的にその人に働きかけなければならない。「あなたがどうしても必要だ」と。それだけでは力がないので、来年度快く働ける環境整備を提示し、残ってもらうメリットをつかんでもらうのだ。

特にしんどくなってきた学校はそれが必要だ。しんどい学校に誰が好んで残る者がいるのかということだ。もっとましなところに出ていきたいと思うのが人情だろう。

引き止める校長の度量が問われる季節でもある。

学校のしんどさには2つある。教員同士の人間関係のしんどさと生徒たちのしんどさだ。まだ耐えられるのは、ある程度生徒がしんどくても教員の絆がある時。この学校で頑張ってみようと思う。安心感があり支えられていると感じるからだ。

残りたくないのは職員室に殺伐とした雰囲気が流れている学校だ。「はやく出ていきたい」のつぶやきがそこかしこで密かにささやかれている。

この職員室の雰囲気作りも校長の肩にかかっているといっても過言ではない。

ただ、それを自覚している校長は少ないし、校長が職員室の密かな雰囲気をつかむのは難しいことだ。
PR

2015/01/22 19:47 | Comments(2) | 学校変革

コメント

陰気くさい校長に異動してもらいたい場合、
なにか方法がないものかと考えるこの頃です・・
職員室の重い空気は保護者も感じることがあります
校長によって、学校全体の色や気が変わることを感じています・・
posted by 保護者Aat 2015/01/26 09:23 [ コメントを修正する ]
こちらを定期的に拝見しています。本音をストレートに書かれていますので、読んでいてスッキリします。
現役14年目です。現在荒れた学校にいます。
このまま長く勤務すると自分の授業力が落ちる気がしてなりません。ただひたすらこどもの暴力を押さえることだけの仕事です。
転勤したいですが周りの先生もみな、転勤したいと考えているとおもいます。
優しい職員ばかりですが、落ち着いた学校と同じ職業なのにこのストレスか、とおもうと耐えられないのです。
posted by NONAMEat 2015/07/20 16:33 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<東三国中学校 名田校長先生ご投稿ありがとうございます | HOME | 「学校が危ない」 >>
忍者ブログ[PR]