忍者ブログ
新年度準備は構えから入る

この2週間ほど、大変忙しかった。

ようやく新年度の準備が、80パーセントほど出来た。後は新年度になってからの勝負だ。

春と言うのに、霰(あられ)か氷(ひょう)かどちらか知らないが、ぱらぱらと降っている。

異次元の世界に誘うように降り続けている。


新年度への不安はある。そういえば、教え子から手紙が来ていた。

4月より、新採で小学校に赴任するという。この人に教えられるなら、いいだろうな。

すがすがしい生徒だった。 今、彼女はどんな心境だろう。やはり不安か。それとも期待で胸いっぱいか。


最近、新任の若い先生を見ると、うらやましくなる。若さでみなぎっているからだ。その陰に希望が見えるからだ。

私は新任の先生からどう見られているのだろうか。それを考えると…、いや、それは考えまい。

この歳になると、いろいろ思い出す時がある。例えば、以前に赴任した学校の校長室の扉を見ても、「おれはこの学校ですごいことをしてきたなぁ」と魂の奥からうなずく時がある。 また、川のそばの料亭を通ると、「ああ、ここで体育大会の打ち上げをした」と、その時のあの人の顔が浮かび、以前にも増して感謝の思いが深まる。

不思議だ。当時は、たわいもないことだったり、ただひたすらやっていたことが、今、すごく大きなことに感じる。

さて、新年度はもうすぐだ。まずは、構えからだ。






PR

2010/03/29 15:36 | Comments(0) | TrackBack(0) | わたしのつぶやき

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<超進学校合格にはそれなりの塾が必要だ | HOME | 最後の授業 卒業式>>
忍者ブログ[PR]