忍者ブログ
妊娠
 採用試験に受かった若い女性教員の中で、素晴らしい人材は多い。私よりすごいと思うし、尊敬する。だから頑張ってほしい。だが、期待していも学校に力を残せない時がある。それは妊娠だ。講師をしていた人が採用試験に受かると、それまでとは違って身分が安定する。それを機に結婚したり、妊娠する。本採用になり担任を任されてすばらしい実績を残すが、次の学年に上がる時、担任を外れなければならない。

有能な女性が担任を外れるのは痛いが、担任している途中に産休や病休で休む場合はもっと痛い。年度途中での講師は見つかりにくいのと、見つかっても講師の人はやりにくい。なぜなら、優秀な人の埋め合わせに来た講師は、生徒も教師も前の人と比較してしまうからだ。前の人がかなりめちゃくちゃな人なら、普通にしているだけでありがたがられるが、その反対の事が起こる。

妊娠が悪いことではない。学年が一致団結して試練をチャンスに生かす時だ。


PR

2012/03/08 20:46 | Comments(0) | わたしのつぶやき

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<卒業式 終わりました。ありがとうございました。  | HOME | 卒業生への言葉>>
忍者ブログ[PR]