忍者ブログ
卒業生への言葉
各教師が卒業生へ言葉を書く欄があった。やはり競争心が働く。どの教師よりも、すごい言葉を書きたい。
さすが○○先生はちがうと思わせたい、今でいう「どやがお」をしたい。

自分が書いたものを見て、「どやがお」になった。さすが俺。どうです、みなさんここまで書けますか、ちがうでしょう私は…。

それを書いた今日の帰り道、気がついた。これは卒業生に送る言葉ではないと。自分を認めてほしい言葉になっていると。
月曜学校に行ったら、至急書きなおそう。だんだん恥ずかしくなってきた。

では何を書こうか。

やっぱり素直が一番。生徒たちに「ありがとう」これを書きたかったんだ。
PR

2012/03/03 01:07 | Comments(1) | 教員の質

コメント

ありがとうって使いすぎて、味気のない言葉に聞こえますが、大事な言葉だと思います。
さらに一言付け加えると個性がでるのではないでしょうか。
posted by NONAMEat 2012/03/05 09:42 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<妊娠 | HOME | 進路>>
忍者ブログ[PR]