忍者ブログ
在日と差別

正恩氏の母親は、在日朝鮮人の舞踊家、高英姫(コヨンヒ)氏だ。高英姫氏の出自をめぐっては金総書記の死後、北朝鮮が「最高機密」に指定、口外者は厳罰の方針を決めたことが明らかになっている。日本生まれが母親の偶像化の妨げになる可能性があるという。

韓国でも在日帰国者は差別される。

在日にとって、改善すべき重要な問題がある。それは自国での、自国民差別撤廃問題だ。残念ながら、そのための抗議行動、発言をこれまで見聞したことがありません。

しかし、日本での在日の差別反対行動はよく見かけ、教育の現場ではそればかりです。
だから、子供たちは本当の在日の姿を知りません。さらに韓国社会の日本への考え方は全く知りません。いや何者かが知らせないようにしている感があります。これで国際交流とか言えるでしょうか。仲良くなら、まず相手の真の姿を知り、交流すべきです。

PR

2012/01/09 19:13 | Comments(1) | TrackBack(0) | わたしのつぶやき

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

この問題は、公立学校のみならず日本の子供たちへの広い指摘だと思います。

交流するに当たって相手の文化など歴史的背景を知るのは至極当然ではないでしょうか。

それがなされていない、教育現場の問題とはなんでしょうか?
どうしたらそれは改善できるのでしょうか?
その真実、または筆者様なりの考え方を知りたいです。

このブログの冒頭に書いてある「希望」とは、こうなってほしいという願いを込めた希望なのですか?
それともこうしたらいいのにという、ただの提案レベルの希望ですか?

いつもその希望が欠けていると思います。

posted by NONAMEat 2012/01/14 08:09 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<毅然とした態度 | HOME | 養護教諭を目指す人>>
忍者ブログ[PR]