忍者ブログ
いじめ防止対策推進法 その後 学校は

平成25年にいじめ防止対策推進法が施行された。その後、学校はどう変わったのか。emoji

私の情報網の中で、次の2つは我々の心に留めておくべき事例と思われるので挙げておく。

            emoji

ある学校のあるクラスであきらかないじめがあった。

いじめた生徒も反省している。

しかし、いじめられた生徒は教室には入れない。教室にはいじめた生徒がいるからだ。

はじめは、いじめられた生徒が別室で授業を受けていた。

しかし、ある時期が過ぎて、いじめられた生徒の保護者が、

「いじめられた方が教室に入れず別室というのはおかしい。
いじめた方が別室にいくべきだ」

と校長に強く訴えた。emoji

校長は折れ、訴えは通りいじめた方が別室に行くことになった。

しかも、訴えはそれだけにとどまらず、学年のすべてのクラス替えの即時実行を要求してきた。

校長はこの要求も飲まざる得ず、この3学期から年度途中ではあるが要求通りクラス替えをする。
 
 
 
             emoji


次は、学校側がいじめの事実を認めていない時に起きた事例だ。
 
学校はいじめを認めていない。

だから、いじめられていると認識している保護者は、学校に不信感を持ち、その証拠を見つけるために自分の子供にボイスレコーダーを潜ませた。

決定的な事実をつかもうとしたのだ。

ところが、ボイスレコーダに録音された中に、A教師の不適切と思われる言葉が入っていた。

それを保護者から問われたA教師は、録音されているとも知らずに「そんなことは言っていない」と反論した。しかし、それは録音されていた。

emoji保護者の学校不信や怒りはさらに増幅し、学校は大変な状況になっている。
  
  
  
学校ではすでにこのような流れが始まっている。

いずれにしても日々誠実な対応を心がけること以外に道はない。

保護者と意地になって勝負してもよい結果は生まれない。

保護者の痛みを理解することがすべての解決の道だ。これ以外に最善の道はあり得ないだろう。


PR

2018/01/03 20:10 | Comments(0) | いじめと自殺と教師

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<私学の若手教員が考えていること | HOME | 教員よ 退職後 どう考えてるの???>>
忍者ブログ[PR]