忍者ブログ
90%の全日制でいじめを認知 群馬
  県教育委員会は22日、県内高校に実施したいじめ実態把握調査の結果を公表した。全日制高校でいじめを認知したのは59校で、調査した68校の86・8%に達した。定時制でも14校中の9校(64・3%)でいじめが認知された。

 いじめの認知件数は計1602件。全日制が1466件、定時制では136件だった。

 具体的ないじめ行為(複数回答)は計2952件で、最も多かった「悪口を言われたり、おどされたりする」は計911件。そのほか、「仲間はずれにされたり、無視されたりする」(571件)、「たたかれたり、けられたりする」(398件)-などが目立った。

 認知したいじめのうち75・8%にあたる1214件は教諭らの指導などで解消されたが、残る388件は継続しているという。

 調査は、桐生市立新里東小6年の上村明子さん(12)が自殺した問題を受け、11月に県下の全日制、定時制高校計82校、4万711人を対象に実施した。
PR

2010/12/23 22:04 | Comments(0) | TrackBack(0) | いじめと自殺と教師

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<しんどいのは現場 外から支持するのはたやすいね | HOME | 教師の不祥事>>
忍者ブログ[PR]