忍者ブログ
老後
老後破産とかいう言葉があるが、我々公務員は関係ないと思われている。
しかし、退職金は減るし、年金も試算するとかなり低い。月にして18万ほどかなと。

医療費無料、税金なしの生活保護のほうが確かに生きやすくなるかもしれない。

大きな住みよい家は買えたが、大きければおおきいほど税金が高い。

退職を前にしてあまりにも無策、猶予感覚のある人が周りに目立つ。
ただ、退職後の策ばかりに走り、今の仕事をおろそかにしてもらうと負担がこちらにかかってくる。

さて、退職後は再任用を考える人がいるが、私は講師をする。再任用よりも給与が高いからだ。場合によっては年100万は違う。ただ、再任用のほうが種類が多く、授業をしないでも良い職種もある。

いづれにせよ、在職中からはかなり貧困な生活を強いられることとなることは覚悟しておかなければならない。





PR

2016/02/13 12:16 | Comments(0) | 退職教員の涙

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<夢ははかないのか | HOME | 教員の精神疾患について>>
忍者ブログ[PR]