忍者ブログ
学歴は大切か?
 結論から言うと大切だ。 現在様々な資格を取るのに、高卒資格がなければ取れない。また、大卒ならある程度この就職難の時代にあっても、選ばねば何らかの就職はある。中卒なら就職は非常に厳しい

中卒で人生頑張るのも良いが、大卒の学歴を持っていれば、さらに自由に職業を選べ、世界の見方も変わってくる。これが大きい。

また、生涯賃金も大きく変わってくる。具体的には8千万以上の違いがあるという。

この大学全入時代、お金があれば、大学へ行ける。なければいけない。そういう構図になりつつある。しかし、通信制はやる気さえあれば通学制の5分の一から7分の1の低学費で卒業できる。年間20万程度だろうか。

まず、通信制の短期大学でもよい、卒業してほしい。あとはヤル気さえあれば、大学にだって編入できるし、様々な資格や教員免許なども取れる。夢はかなえられる

例えば自由が丘産業能率短期大学通信制を卒業して、仏教大の通信制へ編入すれば理科以外のどの教科の教員免許でも取れる。(他にも方法はあろうが)
また、福祉関係の様々な資格も取れるのだ。

結論から言うと、やる気次第というところだろうか?
そしてそのやる気をフォローしてくれる塾や学校も数少なからず存在している。
利用してみてもいい。

私が言いたいのは、そんなに自分を見切らないでほしいということだ。
きっと、手はある。道は必ずある。
そして、できるなら、高収入を得てほしい。それで生活を豊かにし、心を豊かにし、豊かな家庭を築いてほしい。

高校中退者諸君への、それがせめてもの中学を卒業させた教師としての言葉だ。

PR

2009/06/08 19:13 | Comments(1) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

こんにちは。自分は、昭和60年代高校生でした。当時の高校中退は、居場所がなくサポート校もなく通信制もあまり知られてませんでした。世間の理解もなかったです。その点いまの高校中退者は、すごく恵まれていますね。
posted by さかいat 2009/06/27 10:08 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<同窓会 | HOME | 通信制短大、大学の特修生(入学資格取得生)制度の行方は?>>
忍者ブログ[PR]