忍者ブログ
教員採用試験 あとは私学のみ

 選考方法

 
・書類選考
・1次面接及び模擬授業(11月上旬予定) 
・2次面接(11月中旬予定)
 
採用予定日

 2020年4月1日
待遇      

月給:203,000円~
 (既卒の場合は職務経験を経歴換算し給与査定いたします。)
諸手当:通勤手当 その他規程による
賞与:本学院の規程に基づき支給する
社会保険・雇用保険・労災保険
勤務時間等

月~金     8:15~16:30 (休憩45分)
土    8:15~13:15
休日:第2・第4土曜・日曜・祝日 (行事により振替あり)

応募締切日

2019年10月30日(水)必着


上記はある私学の(国語科、英語科、理科)教諭の募集要項だ。emoji

公立の教員採用は、ほとんど一部を除いて終わっている。


もし、公立に落ちたが、来年度から腰を落ち着けて教員生活を送ろうというなら、あとは私学しかないだろう。


私学の教諭採用の募集はまだある。

ただ、教諭採用でも、1年から3年は講師扱いで様子を見られると思った方がよいだろう。


私学は大半が企業と同じだ。emoji
経営が成り立たなくては苦しく、給与や賞与にも響く。
生徒集めに躍起だ。

また、独特の方針があり、理事長の方針がすべてというところもある。いわゆるワンマン経営があるということだ。


給与は公立より安いところも多いのではないか。emoji

上のように賞与も本学規程となっている場合が多く、蓋を開けてみないと分からないということだ。

私の知っている限りでは、本学規程とだけあって実は賞与が2倍しかない学校もあった。


               emojiemoji

どのような人物を採用するかということだが、最近多いのは、難関大学への教科指導ができる者、部活で熱心に指導できる者だ。


大学合格の実績をつくれる人物、スポーツで名を売ってくれる人物を採るということだろう。



日本私学教育研究所、各都道府県の私学連合会のようなもの、キリスト教系の学校のまとまった教員募集用ホームページなどをこれから毎日除くと良いだろう。emoji

キリスト教系の学校は、キリスト教に賛同できれば、信者でなくとも問題はない。emoji

 
emoji私学採用では勤務日に注意を払うべきだ。私学は、ほとんどが土曜日もあり、実質の休みは少ないとみてよいだろう。

私学で教諭採用ならば、数年の経験を経れば、公立の採用試験をかなり軽減させてくれるところがある。emoji

例えば、大阪府なら1次も2次も面接だけだ。さらに北九州市なら、たった1回の20分の面接が採用試験のすべてとなる。

ただ、校種や教科はその私学で経験しているものと同じでないとダメなところがほとんどだが。


では検討を祈る。emoji

PR

2019/10/13 18:19 | Comments(0) | 教員採用試験の不思議

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<中学生の学びに関する 多様なスタイルは 公立からやるべき! | HOME | 年金の繰り上げか、繰り下げか それとも普通か>>
忍者ブログ[PR]