忍者ブログ
教員採用試験を考える
いよいよ願書受付間近のところが現れた。また、連休以降に願書のダウンロードが始まるところもある。いづれにしても、これから、採用試験の勉強のラストスパートだろう。

教員採用の近道は、柔軟に考えることだ。そして、自分は一番何をしたいのか、見極めることだ。


最後に教員採用の情報をつぶさに拾い続けることだ。

しかし、それがなかなかできない。

以前、沖縄で講師をしてきた人が、ネットで次のように書きこんでいた。

講師を続けながら採用試験を受け続けたが、とうとう受けられなくなった。年齢制限にひっかかる歳になったから。「もう、やめるか」と考えたが、自分は教師をやりたいという願いを捨てられない。だから他府県を受験することにした。というものだった。
 
沖縄の教員採用試験は他府県に比べて狭き門だ。
他府県ならば59歳受験も可能なところがある。
教員への志はすごいものがあると感じたので、ぜひ頑張ってほしいと思った。

だが、もっと早く対策を考えてもよかったのではという思いもある。沖縄も受験しながら、少々お金と手間暇かかるが、他府県も考えてもよかったのではないか。

教員採用試験は、幅の広い考えと柔軟さが近道だ。

しかし、意外とみんな柔軟さが無いように思う。

社会の講師をしている若者と話をしていると、30歳までは社会でこの県だけを受け続けるという。それでだめなら次を考えるという。

いや、君が30になるころには我が県は、大量採用は完全に終わり、今よりもっともっと狭き門になっているのに、どうするんだろうと思った。

地元でやるのが慣れていて、地の利を生かして教員出来るので良い、と彼はいう。

私は、地元出身じゃないけど何十年とここで教師をやってきた。特に違和感はない。
 
彼には、他府県併願という考えは、今後もないだろうと悟った。












PR

2019/05/01 21:10 | Comments(2) | 教員採用試験の不思議

コメント

横浜の学校は超絶ブラック企業。 
横浜市教員採用試験を受験してはならない理由No.2 
・学習指導そっちのけで行事のオンパレード。 
・そして運動会は春実施か秋実施かでコロコロ変更。その都度無駄な職員会議で無駄な時間を費やす。 
・職員会議で超過勤務は常態化。 
・行事のための練習で時間割は変更のオンパレード!で、 
各教科の時数不足で強引にやった事にする。 
(やり過ぎた体育、修学旅行、行事の準備は全部総合の時間あてとけ!で済ます) 
・総合は他の教科のプラスαの活動時間に割り振っててやらない! 
(やってる学校は重点研究にしている学校で、そんな学校は例年総合ばっかで逆に他教科の時数がとられてる。社会科をないがしろにしてるとか、とりあえず総合やってるけど社会科をしたことにしとけ!)基本、横浜市の総合は超絶軽視されてきた! 
文科省の総合導入を無視して独自に勝手に行事の充実に充てている) 

中学校では相変わらず3割で時間外が80時間超!!!
posted by 服部信男at 2020/02/06 01:17 [ コメントを修正する ]
横浜市教員の実態 
横浜市の教員採用試験を受けてはならない理由①

横浜市の学校は超絶ブラック企業 
超過労死レベルの労働実態とは! 
・学校によっては部活みたいに朝練を課してる学校もある!職員は週二回は7時過ぎに準備開始!若い教師に丸投げしておばさん先生はのんびり出勤! 
・法定研修以外に5年次研修あり。
・毎年全員研究授業公開。事前協議で毎回サービス残業! 
・鬼並にに学校行事を組み込みまくる学校体質! 
 例えば、 
・市と区で2度の水泳大会と夏休みの水泳指導 
・夏休みの強制的水泳指導参加 
・区の球技大会 
・朝練試合で近隣校との試合。当然休日出勤。 
・全国学力テスト以外に横浜市学力テスト、過重すぎる採点と入力作業。外部委託で児童の個人情報流出のリスクも。 
・4年生から宿泊学習! 
・5年の宿泊学習は二泊三日! 
・6年生も二泊三日! 
・冬のウインターコンサート 
全学年の練習、保護者への披露と全学年で見せ合う。
posted by 服部信男at 2020/02/06 01:18 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<退職後の金銭的問題をどうする | HOME | 教員採用 令和の戦いはすでに始まっている>>
忍者ブログ[PR]