忍者ブログ
教員採用試験の過去問
   最近のアクセスのフレーズ分析を見ると、教員採用に関するものが多い。そういえば教員採用試験が始まる7月が来たのだ。私の席の斜め横にも採用試験を受ける講師の方がいて、試験があると言っていた。でも、本当に勉強してるのか疑問だ。なぜなら、その人は家庭訪問やクラブ活動で頑張りすぎて帰るのが遅いからだ。

   さて、採用試験を受けるならやはり小学校だ。倍率が高くないのと、高校入試程度さえ完璧にこなせばかなり合格に近くなるからだ。

  あとは理系だ。社会科は辞めた方が良い、異様に競争率が高い。

  採用試験を受ける諸君。準備はできているか。いまさらジタバタする必要もないが…。

   私も大型書店で教員採用の棚に行って採用関係の本を見てみた。気になったことは、○○県の採用試験問題集と書いてあっても、その県の専用試験ではなく、どの県にもあてはまる問題集だったりすることだ。

 講師の先生が言っていたが、そのような市販の問題集より、最近は情報公開で役所などで過去問題をコピーさせてもらえ、それが一番ためになるらしい。

 頑張れ熱意ある受験生のみなさん。
PR

2011/07/02 01:19 | Comments(0) | TrackBack(0) | 教員採用試験の不思議

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<講師の先生 勉強してる??? | HOME | 総合の時間は国民の税金の無駄>>
忍者ブログ[PR]