忍者ブログ
教員採用試験 不合格のあと…
教員採用試験の合格発表もほとんど終わった。教員を目指している不合格者は次にどうするかを考えることになる。特に大学生などは頭を悩ませているかもしれない。大きく分けて4つほどの考え方がある。来年4月から講師をする、他の職に就く、就職しないで採用試験の勉強に専念する、大学院にいくである。その中で講師について記してみる。

講師をどこの県でやるかは、正教員をやりたい県になるのだろう。ただ、確実に講師に採用される保証はどこにもない。そんなことを考えて何か所かに講師登録をする人もいるだろう。

小学校や理科や数学は教育委員会も確保しておきたいところだから講師に採用されやすい。ところが体育や社会は希望しても採用がない場合がある。積極的に離島やへき地を希望すれば採用されやすい県もある。

講師に採用されるときは電話がかかってくる。電話は委員会の人か採用しようとする学校の教頭からかかってくる。その時、すぐに「やります」と言いたいところだが、希望する校種・教科の話でないときもあるから厄介だ。また、かなり遠い所への採用もある。以前、兵庫県尼崎市に住んでいた知り合いは、日本海側の高校から電話があり、教員住宅に移り住むように促された。

教員の定数確保は委員会や学校にとって重要課題である。4月当初から不足ということがあってはならない。特に不足しがちなところにおいては早く電話をかけてくる。確保したい人材には1月からほぼ採用と電話をかけてくるところもある。

長崎県では、離島の教員が不足しがちだ。長崎県の採用試験不合格者には不合格通知に同封して講師登録書を送る。その中の講師希望で離島希望者には9月時点で採用をほのめかす電話をかけてきたという。だいたい講師採用の電話は3月中旬から下旬だ。

不足しがちな理数系などの教科は別として、電話がかかってきても一度断れば、次にかかってくることはほとんどない。ある程度の条件であればOKを出すべきだ。
                   emoji
一度OKを出してからやむを得ず辞退しなけれなならないときは、速やかに連絡する必要がある。代わりの講師を探すのが大変だからだ。時々、採用が決まってから、別の学校からかかってくることもある。その時悩む。正採用になりたい県から後で電話が入った場合、前を断っても良いと思う。常勤を希望していて非常勤で電話が入り一旦受けたが、あとで常勤の電話が入ってきたとき、非常勤の方を断っても良いと思う
PR

2016/10/22 23:03 | Comments(0) | 教員採用試験の不思議

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ニュース | HOME | 教師の性犯罪>>
忍者ブログ[PR]