忍者ブログ
言行一致

「学校の先生が国を滅ぼす」とはよく言ったものだ。たかじんのそこまでいってもいいんかいでもとりあげられた本の名前ですが、現在学校に勤務しているものとして、学校とはそんなものでしょう、と思わずつぶやきました。前々から当然のことと思っていましたから。

日教組の中にはすばらしい先生方も多いです。それに組合に入っている人でも、反日思想に傾いている人は一部と思います。ただ、強烈な反日思想の方がおられ、組合に入っているものはみんな右へならへとしなければ職員室で生きていけないものですから、そうしているだけの方も多くいらっしゃいます。

反日の流れは生徒に染みいっていることは間違いありませんが、少し成長して、自分で物事を冷静に考えられるようになった時、教師の言っていたことが間違いだったと気づく生徒も多いのです。

一般教師は、校長をバカにしています。というより、そういうように新任時代から他の教師に教育されてきたからです。しかし、これでは生徒に目上の者を尊重しなさいという教えはウソになります。言行一致ではないからです。

さて、日本の中には、日教組の影響が少なく、自然な教育をしている地域もあります。校長先生は信頼され、教職員一体となって教育効果をあげている学校を知って言います。

是非、日本の教育が穏やかな、平凡でも当たり前のことがスムーズに出来る環境になりますよにと思います。

PR

2010/08/01 20:36 | Comments(0) | TrackBack(0) | 教員の質

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<朝鮮学校無償化の判断材料は何か | HOME | 非正規教員のブログから見た、正規教員の恵まれ度>>
忍者ブログ[PR]