忍者ブログ
私学教員
最近、教員になるための紹介サイトが数個あることに気づいた。私学教員なら非常勤が多い。正式採用はなかなかない。もっとも私学側も非常勤や常勤の講師を採用して、様子を見て採用に踏み切るというのが一般的になっているからかもしれない。

今年も公立学校の教員採用試験の結果が発表される時期となった。私のところの講師の方もその結果を待ちうけている。一番本人が緊張しているだろう。

私学の採用試験は大きく分けて二つあるように思える。

一つは公立学校の採用試験が終わって、結果が出たころを見計らって採用試験を開始するところ。もう一つは公立学校の採用試験前に採用試験をするところだ。
後者は有名私学。前者はあまり有名ではない私学が多い。

給与も有名私学の方が高い。公立学校より高いのだ。それだけ優秀な人材も集まっている。
PR

2011/10/09 00:16 | Comments(0) | TrackBack(0) | 教員の質

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<私立高校と公立高校 | HOME | 相対評価と絶対評価はどちらが楽か>>
忍者ブログ[PR]