忍者ブログ
悲惨な専門学校教員給与
 公立学校教員は、さらにその中でも特別支援教員はなんと恵まれた待遇かだ。昨日久々にとある専門学校(通信制連携高校)で働いている友人にあった。彼は文系だが理論的にものごとを考える素晴らしい人間だ。しかし専門学校に勤めてすでに20年経つ、給与を聞いて驚いた。370万という返答が返ってきた。もう一度税込かどうか聞いてみたら間違いない。我々彼と同年代の公立学校教員は800はすでに超え900に近づいているというのにだ。生徒減もあって年々経営が危ういという。彼はきっとそこの専門学校に愛着を持っているんだ。よく頑張っている。話は変わるが今、立命館系列の教員募集がウエブ上でアップされている。

本法人の規程による。(下記は2008年度実績)
 * 立命館小・立命館中高・立命館宇治中高・立命館守山中高教諭の賃金

    本棒   22歳給239,000円
    (年齢給)30歳給343,000円
          40歳給479,000円
          50歳給585,000円
  * 立命館慶祥中高教諭の賃金
    本棒   22歳給224,000円
    (年齢給)30歳給332,000円
           40歳給464,000円
          50歳給544,000円
  * 昇給年1回
  * 手当  勤続手当、扶養手当、住宅手当、交通手当
  * 一時金 年間合計5.1ヵ月+10万円(夏期・年末)

本法人の発令にもとづく人事異動がある。北海道在住者でなくても一定期間の慶祥勤務がありうる。

公立教員より遥かにすごい。これは優秀な教員が集まるだろう。間違いない。


 私も今すぐにでも行きたいくらいの待遇だ。

PR

2009/04/25 08:53 | Comments(0) | TrackBack(0) | 専門学校の実態

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<< 寄付を募る | HOME | 特別支援学校 教科指導の課題>>
忍者ブログ[PR]