忍者ブログ
持って帰って仕事は危険がいっぱい

生徒の評価名簿盗まれる 伊賀の中学

講師 三重


  

 伊賀市教育委員会は7月11日、市立崇広中学の男性講師(26)の乗用車が車上荒らしに遭い1年生男子74人分の名簿と評価を記載した用紙が盗まれたと発表した。

 市教委の調査によると、講師は10日午前11時半から午後6時ごろまで市内のパチンコ店で遊んでいた。駐車場に戻ったところ車内が荒らされ、技能や理解など4項目に対する評価と生徒の名前を書いた用紙4枚が、小銭などを入れたバッグごと盗まれていた。

 講師は9日に用紙を自宅へ持ち帰り、10日は成績を処理するため学校に向かう途中、パチンコ店に立ち寄ったという。

 市教委が定めた情報管理の内規では、今回のような用紙は「肌身離さず運搬する」と決めており、同市教委は「職員1人1人に徹底されていなかった。今後は徹底と再発防止を図りたい」としている。


 私も持って帰る時は神経をとがらせて家まで持ち帰る。でも、この持ち帰って仕事をしなければならない忙しさをなんとかしなければこの手の不祥事はなくならないだろう。
PR

2011/07/13 00:35 | Comments(0) | TrackBack(0) | 学校変革

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<外野球の子たち | HOME | 講師の先生 勉強してる???>>
忍者ブログ[PR]