忍者ブログ
退職後は賃貸経営が一番かな
周りを見渡してみると意外に退職した教員が多い。新任の指導教員、特別支援教育に携わる教員、非常勤講師などだ。担任をしている人もいるらしい。
それなりに頑張っておられる。

高校の教員をしていた先輩は、私学に就職が決まって喜んでおられた。65歳定年なので、そこまで職は保証されるという。給与のことは聞いていない。


諸先輩の動向を見ていると、将来の自分がどうなるか、将来どうするればよいかが見えてくる。


週4の仕事はしたくない。本当に給与は低く、スキルを身に着けることもない職も多い。体は少し楽だといわれるが。

やはり、賃貸経営だなと思う。

そこそこかせいでいる先輩は、家賃収入が月18万あるという。再任用の給与よりは多い。
PR

2018/11/05 18:22 | Comments(1) | 退職教員の涙

コメント

若いときに資格でも取っておけば良かったね。今60歳前後の貴方のような教員は、退職したらただのデモシカの残骸だからなぁ。未来がないね。
posted by 若者at 2019/03/23 02:13 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<防弾少年団のTシャツはゆるされるのか | HOME | 来年度採用の講師登録 >>
忍者ブログ[PR]