忍者ブログ
新クラス発表
  どっこい、新学年になればお母さん方の気になるのが子どもの新しい担任の先生。

聞くところによると担任発表後 当たりはずれで井戸端会議があるそうな。

担任の発表時、またはクラス発表時によく生徒が嘆いている姿や、喜んでいる姿が見られる。いやな先生に当たったのか、友達とクラスが離れ離れになったのか、親友と一緒のクラスになったのか一喜一憂というのかが見られる。
それを見ている教師も悲しいものがある。

自分の担任する子どもがすでに自分のことを嫌いだとか、きもいだとかわめいていると、けしていい気にはなれない。

 しかしここは大人、我慢である。ぐっと涙をこらえて、一年間かけてクラスつくりに努力を傾ける。
最後に分かって貰えればそれでいいんだ。
きっと卒業したら、誠を尽くした分だけ覚えてくれていることを祈ろう。


PR

2007/04/02 22:21 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<教職採用試験  | HOME | 新年度はじめ>>
忍者ブログ[PR]