忍者ブログ
不登校生徒は学校に行かなければならないのだろうか
早急にしたい事。
中学校に行けない、行かない子たちの居場所作りだ。
それが不足して苦しんでいる生徒、保護者が多いことを知ってほしい。

塾は夜だが、その居場所では朝から昼間にかけて活動する。
内容は音楽、芸術、映画、勉強やスポーツ等を通して心を癒し、体力保持をねらう。カウンセリングも行いたい。
なにより不登校生徒が自宅でしか活動できないことが不愉快でならない。
不登校がおかしいのではない。頂上に登るための道が一つしかないことがおかしいのだ。

学校に行かなくとも道はあり、立派に育っている人もいる。
例えば有名なのがエジソンだ。

                       emoji

一説にはエジソンはLD(学習障害)ADHD(注意欠陥多動性障害)などを患っていたといわれています。
「1+1=2」を教師が粘土を例にとって教えていたら、エジソンが「1個の粘土と1個の粘土を合わせても(混ざって)1個の粘土になるだけなのになぜ2個になるのか」と聞いて、教師がエジソンを「腐れ脳ミソ」と罵倒したというエピソードが存在しています。
また、エジソンの知りたがりは学校内だけでなく、家でも発揮されています。「なぜ物は燃えるのか」を知りたくて、藁を燃やしていたら納屋に延焼してしまったのです。
これらの事例が積み重なったことで、エジソンは学校からも父サミュエルからも見放され、入学からわずか三ヶ月で放校処分を受けてしまったのですemoji
                           
                     emoji

不登校生徒に道をつける事が必要だ。地方公共団体では有名大学に進学実績を伸ばすことに必死に力や予算を傾けているが、落ちこぼれている生徒には予算を掛けない。

私は落ちこぼれていく生徒(やんちゃな生徒も含む)の救済に力を入れることにより学校が正常化し、学校全体が大きく引き上げられていくと確信する。まず教師が本来業務に専念出来てやる気が出てくるからだ。
今、教師は落ちこぼれていく極一部の生徒の指導に9割の力を取られている。それが逆転すればみるみる学校は健全化され力を発揮する。このことがなぜ知事や市長は見えないのか。

仕方ないので、当方でやっていく準備をする。まずはボランティアを募る。
場所は当方で探し、中古ビルの一角でも買おうかと思う。だれか助けてくれる人はいないものか。


PR

2014/01/01 03:03 | Comments(1) | 学校変革

コメント

個別指導塾を始めてみてはいかがでしょうか。
私は中学理科の通年講師(臨時任用講師)をしておりましたが、
分数掛け算割り算が出来ない生徒が
クラスの中に少なからず居ることに疑問を感じ、
私塾を開設し日々向き合っております。

不登校気味だった者、過去に不登校だったものを叱咤激励しながら
高校に送り出して行くことは、涙がでるほど楽しいですよ。
posted by NONAMEat 2014/02/09 14:13 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<違和感 | HOME | 2学期が終わる>>
忍者ブログ[PR]