忍者ブログ
教員は勤務地によって、公務分掌によって仕事量が数倍違う
 
 教員は人によって、また勤務地によって、極楽生活と地獄生活に分かれる。
世間さまにはあまり知られていないが、休みにして5倍以上の差がある。具体的には年間25日程度の休みの教員(部活で休日がほとんど取れない)と、140日(土、日、祝で100日程度、年休で平日20日、春夏冬の休みで30日)はとれる教員とがいる。
 その差は教員の個性からくるものであるが、勤務地によっても差が出るのはあまり知られていない。
 
そして一番の原動力は何と言っても、教員の自宅研修制度だ
教員は勤務以外での研修が認められている。
例えば沖縄旅行でさえ、沖縄戦争跡地研究に置き換えられる。

この休みの量で年収900万近い教員もずいぶんいらっしゃる。うらやましーい

詳しくは学校にある自宅研修届を紹介したい。

しかし、最近この自宅研修届も管理職は審査を厳しくして受け取らなくなってきた。一般教員は管理職にとやかく言われるのが嫌で年休にする場合が多くなってきた。
 
PR

2009/04/16 21:17 | Comments(2) | TrackBack(0) | 困難校の実態

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

千葉県の特別支援学校の教員を目指しているんですが、千葉は他県より環境はいいほうですか?
posted by なおきat 2009/12/26 13:29 [ コメントを修正する ]
Re:千葉県
>千葉県の特別支援学校の教員を目指しているんですが、千葉は他県より環境はいいほうですか?

君の言っている環境という意味が特定できないので答えようがないが、想像に任せて答えると、東京よりはいいのではないかと思う。しかし、同一県の同一校種でも学校によって、働きやすさは違う。まあ、特別支援学校は休日は十分休養をとれるし、それに給与も高い。この時代それで文句を言うは罰あたりというもの。頑張って採用試験を突破し、子どもたちのために健康に注意し、心から楽しんで働いてくれることを切に祈る。
2009/12/27 01:37
たびたびすみません。
再来年あたりから千葉県特別支援学校教員の給与に含まれる、障害者手当てが廃止されるときいたのですが、そういったことはありえるのでしょうか。
東京、神奈川もそういった障害者手当ては廃止しされているのですか。
posted by なおきat 2010/01/17 12:42 [ コメントを修正する ]
Re:障害者手当ての廃止
>たびたびすみません。
>再来年あたりから千葉県特別支援学校教員の給与に含まれる、障害者手当てが廃止されるときいたのですが、そういったことはありえるのでしょうか。
>東京、神奈川もそういった障害者手当ては廃止しされているのですか。

何度も調べたが、少なくともわが県では、そのような手当ては存在しないので、答えようがない。申し訳ない。
2010/03/14 18:32

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<一般企業感覚から程遠い教員の自宅研修 | HOME | 期限付き講師とは>>
忍者ブログ[PR]